プロフィール
Nishiyan240
Nishiyan240
Youtubeにトイガンのスロー動画をアップしたり製品レビューをしたり知人に依頼された修理・パーツ新造をしたり色々やっております。最近は海外製品を購入する機会が増えてきました。
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 49人

2014年02月23日

S&T電動MG42

久しぶりのS&T電動MG42ネタ。
シリンダーヘッド回りを交換後6000発位撃ったので色々と点検。

サムネ用使い回し画像

あとついでに、今でも時々聞かれるのでメカボのバラし方なんぞを…
バッテリーを取り外し弾が発射されない状態を確認、次にグリップパネルを外します。
そして逆転防止ラッチを解除してピストンを前進させます。


セーフティボタンのすぐ後ろにある大きなピンを抜きます。(Cリングの紛失注意!
そしてグリップ周りを後方に少し後退させて下側に引くと取り外せます。
配線を痛めないように注意!

シリンダー周り(アッパー側メカボ)は特に説明いらないと思うので省略。

グリップ周りを開く際、一箇所ピンが入ってるので注意が必要です。マイナスかなんかで
こじって徐々に開くしかありません。
メカボを閉じているネジを全部外してもこのピンがあるので簡単には開きません。

ちょっと分かりにくいですがトリガースイッチのすぐ右下にある丸い部分にピンが入っています。

で、シリンダーヘッドを取り外して見たところ…結構消耗してる(ヽ'ω`)
ピストンヘッドの形がくっきり。。
約6000発くらいかな?前に使ってたソルボセインはもう少し持った気がしたんだがなぁ…
とりあえず今回は新しいソルボに交換して終了。そのうち何か考えよう


組み立ては逆の手順でOKですがちょっとコツがいります。説明が難しいんですが、
”ギヤ(セクター)位置をピストンとタペット両方引いていない位置”にして…


タペットをセクターのピン部分で押し戻しつつグリップ周りを組みます。
アッパー側メカボとグリップ周りを水平に合わせる→セクターのピンをタペットに当てる→
そのままタペットを少し後方に戻す→アッパーメカボとグリップ周りが噛み合う→
グリップ周りを前進させてトリガーガード上のツメを噛み合わせる→終了

どの工程も特に力を入れずにすんなり行きます(:3っ )っ

しかしやはり、電動はお手軽に撃てていいですね。
撃ってて楽しいのはダントツでショウエイのGBBモデルですが、バッテリーを繋ぐだけで毎秒25発の
サイクルを発揮できる手軽さはすばらしい
  

Posted by Nishiyan240 at 21:03Comments(5)