プロフィール
Nishiyan240
Nishiyan240
Youtubeにトイガンのスロー動画をアップしたり製品レビューをしたり知人に依頼された修理・パーツ新造をしたり色々やっております。最近は海外製品を購入する機会が増えてきました。
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 51人

2014年09月22日

ミニガンメンテ小ネタ

来年春頃に再販の決まったミニガンですが…
ベアリング交換について時々問い合わせを頂くので記事にしてみるテスト(:3っ )っ


ミニガンのシリンダーは各バレルに1本、計6本搭載されています。
外からは一部しか見えませんが6本入っています


リアキャップを外すとこんな感じ。
(分解はマニュアルの手順を厳守しないとえらいことになりますので注意!)


取り出したシリンダーユニット。
シリンダー1本につき、ピストンを引くためのベアリングと給弾動作用のベアリングが付いています。
交換する時は12個一気に交換した方が安全です。


給弾動作カム側のベアリングは固定パーツがEリングで固定されているだけなので簡単に外せますが、
ピストン側ベアリングの交換が少々厄介。Φ2×20mmのスプリングピンで固定されています。
ピストンの胴体に穴が開いていてそこにピンが入っていますが、メンテナンスを考えて?
少し長めになっています。写真のような状態、下側にピンが出っ張る状態が定位置。

まずこのピンを抜くのですが場所的にかなりやりにくいので色々と工夫が必要です。

私はこのピンの取り外し&組み込みにこんなコの字の治具を作って使用しています。
赤マル内のコレ↓
あとプライヤーを使います。


実際に使用しているシーンの写真が無いので手書きですすいません。
うーん、こんなのでイメージ伝わるだろうか。w
外す時はこんな感じ。ピストン巻き上げて治具が入る位置にする→下側に出てるピンを押すための
何かブロック的なものを用意→コの字治具をピンの抜け側(上)に置く→プライヤーで挟んで下からピンを
押し上げる→ピンの頭が出たらニッパー等で挟んでテコの原理で引き抜く
(※ピンが傷んだら新品交換。スプリングピンはやっすいのでケチらず交換した方が楽です。
モノタロウ(個人向けサイト)等で手に入ります)


組み込み時はピンを少しピンポンチ&ハンマー等で押し込んでから
(少し入れば大丈夫ですがなるべく多く打ち込んでおいた方が次の作業が楽)
写真のような要領でピンを押し込みます。
プライヤーの挟む面とピンが真っ直ぐに当たっていないとピンが曲がるので注意です

この状態でギューっと挟んで元のピン位置まで押しこめばOK。下側にピンが頭を出すので
コの字治具でニゲを作ってる感じです。
外し時、組み込み時共にプライヤーで指挟んだりしないように注意!

そういえばシリンダー先端に付いてる給弾動作用のスプリング一度も交換してないな…
30万発以上撃ってるしそろそろやばいかな?(;^ω^)
  

Posted by Nishiyan240 at 22:18Comments(0)